平日21時まで診療 土日も診療

【診療時間】10:00~13:30/15:30~21:00
(土曜、日曜は9:00~13:00/14:00~16:30)

TEL:052-722-4182

名古屋市千種区の歯科・小児歯科・審美歯科・歯周病・ホワイトニング・インプラントなら、たつ歯科クリニックへ。

インプラント

託児所(キッズルーム)のご紹介
HOME»  インプラント

インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。 インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)といいます。一方、インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

従来の治療法との違い

歯が一本だけ抜けてしまった場合
従来の治療
周りの健康な歯を削ってブリッジにすることにより、周りの歯に負担がかかります。
インプラント治療
健康な歯をまったく削ることなく歯のない部分にインプラントを入れます。
歯が数本抜けてしまった場合
従来の治療
針に針金を掛けて部分入れ歯にします。見た目にも機能的にも不快です。
インプラント治療
歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ 固定式の人工歯を取り付けます。
ブリッジや入れ歯について

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

≪デメリット≫

  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。
インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

≪メリット≫

  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。

≪デメリット≫

  • 保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
  • オペが必要になります。
  • インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

インプラント治療の流れ

STEP1 ヒアリング

患者さんの歯の悩みや症状などをヒアリングします。
STEP2 診察

実際に口の中を見せていただき、歯並びや顎の関節の状態を診察します。
STEP3 検査

インプラントに対しての適合性を診断し、歯型などを取ります。
STEP4 手術

インプラントを顎の骨に植えるために、歯肉を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に作ります。
骨の穴にインプラントをねじ込み、固定します。固定が完了したら歯肉を閉じます。
治癒を待ち、当院では2~3ヶ月ぐらい(個人差があります)で骨とチタンがしっかりと結合します。インプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯茎の形を整えます。
口の中の型をとり、仮の歯を作成します。噛み合わせを調整し、歯肉の治癒を待ちます。
人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。
STEP5 メンテナンス

インプラントの治療が終われば、それで安心というわけにはいきません。歯みがきを十分に行わずにインプラントの周りに歯垢がついた状態で放っておくと天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯みがきが重要です。又、必ず定期検診を受けるようにしてください。

※ご注意点

インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではございません。
医師が治療可能かどうか一度ご確認致しますのでご来院をお願い致します。

総義歯のインプラント

総入れ歯を装着し、顎の骨の退縮が原因で入れ歯が不安定でお困りの方は数本のインプラントを植立し、維持装置を入れ歯に固定することにより、動きを安定させられます。

骨造成法(GBR法)

歯周病等により顎の骨が少なくなって、骨幅や高さが足りなく、インプラントがそのままでは困難な方に人工の骨を使用して特殊な膜で覆ってインプラントを行う方法です。欠点としてインプラントを含めた治療期間が長くなり、場合によっては腫れが出たり、手術回数が増えてしまうこともあります。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト)

上の奥歯がなく、インプラント治療を選択した場合で、骨の高さが不足しておりそのままではインプラントが植立させられない場合に行う治療法です。この方法は上顎洞という上顎の奥歯の上に相当する部分を少し押し上げ、必要な量の人工骨を入れてインプラントを植立する方法です。ご自身の現在の骨の高さ、植立する本数等で回数が異なります。


  • 右上奥歯ブリッジ部分のむし歯で来院された患者さんで、再ブリッジが残りの歯の量が少なく困難なため、インプラント処置を行いました。

  • 向かって左側は通常のインプラント、右側は骨の高さがなくソケットリフト法により処置した症例です。

インプラントが入れ歯に劣る点

「誰にでも治療できる」という観点において、インプラントも多くの人に対して治療が可能でありますが、入れ歯や義歯と比べると身体的な条件がでてきます。
インプラントは事前の検査で、顎の骨の量が少ない人には向かないとされます。特に、重度の糖尿病患者の人にも治療を見合わせる場合があります。これは(麻酔を使って)歯茎を切ったりする為、身体的負担が入れ歯よりも高いからです。 また、インプラントは顎の骨に直接埋める特性上、アフターメンテナンスを少なくとも半年に一度程度行う必要があります。担当医に問題が起きていないかという検診を受ける手間がかかります。(しかしこの手間も毎日着脱して洗浄する負担と比べれば軽いものと考えます。)

PageTop